まあ、どうしましょうか

「まあ、どうしましょうか、そうなると」「そうですよね。離婚するとなったら、それは確かにご主人からの慰謝料はもらえますが、せいぜい二百万とかそんなものでしょう。それだったらご主人と一緒に生活を続けた方が得ですよね。確か御主人、それなりの稼ぎがありましたよね」

 かなりうろたえた声が聞こえる。「それでは私は主人に何と言えばいいんですか」「早い話が、御主人を問いただす事よりも先に、その女性と御主人を別れさせれば、よろしいのですよね」「ええ、そうです。そうすれば一番良いのです。それでその方法はどうすればよろしいのでしょうか」

 俺のエサに掛かった。これでまずは十万だ。「そこから先は有料となります。私からのアドバイスだけ、つまり私からの指示だけですね、それだと十万円。完全に私に任せるなら三十万円。これは着手金が十万円、成功報酬が二十万円、となっておりますが」

「またお金が掛かるのですか?」「まぁどうするかは、奥さんしだい。ゆっくり考えても良いし、即答されてもよろしいですし、ご自分で全部やられても構いません。ところで報告書の方はどうしましょうか、浮気調査の成功報酬を頂かなくてはいけませんし、こちらから伺いましょうか」…えーと。いえ私の方に続く。