あ、やっぱりねぇ

「あ、やっぱりねぇ。主人、浮気をしていたんですね」よし。今の言葉で成功報酬の十万円を頂く事が確定した。これで一ヶ月は楽にメシが食えそうだ。「ええ。奥さんの言われたとおりでした。現場の写真もばっちり押さえて有りますから」

「これで主人を問い詰める事が出来ますわ。ありがとう御座いました」「ところで奥さんにひとつ質問があるのですが」「はい、何でしょうか」「ご主人とはどんな関係になりたいのですか」「ハァ、言われている意味が良く分かりませんが」

 ここからが正念場だ。気合を入れてミスがないように話を進めなければ。うまくいけばさらに三十万円だぞ。「解りやすく言えば、ご主人と離婚したいのか、それとも離婚する意思は無いのか、という私からの奥さんへの質問ですね」「それは当然、離婚する気など有りませんけど、それが何か」

「それでは、ご主人に、私が撮った写真を見せて何と言うつもりなのですか」「それはまだ、何も考えていませんが」「そんな状態で奥さんが御主人にその写真を見せて、それで御主人が、逆上しないとも限りませんね。どうします御主人が『離婚だ』なんてことを言い出すと」…まあ、どうしましょうかに続く。