ページのインデックスを早く認識させる方法

インデックスの意味を勘違いしていませんか? 本来インデックスはindexを指していて見出し等の意味で使う事が多い為に検索エンジン対策を施工する為の項目として捉えた場合はこの文字が持っている意味を理解できない状況に陥る可能性があります。

SEOの分野では検索エンジン側に該当するページが認識されている状態をインデックスされていると表現します。任意の語句で表示される検索結果に自サイトを表示させる為には該当するページが検索エンジン側に認識されていないと不可能に成ります。

さてインデックスされる為の具体的な方法です。様々な手法が有りますが、基本的には他のサイトで紹介されることが一番効果的だと言えます。元々検索エンジンはリンクを辿って各サイトを巡回し、それぞれに対する評価を決めています。

その評価を決める基準の一つに他のホームページから紹介されているという項目が有り、他のサイトからのリンクがある事によりインデックスする価値があると判断するようです。この様な理由があり他のホームページで紹介されるのが最善だと言えます。

2番目の方法です。既に運営中のホームページが検索エンジン側に認識されていればクローラー等と呼ばれるロボットが、内部リンクを辿って該当する記事を見つける事が出来ます。この経路を期待するなら内部リンクの最適化が重要になります。

3番目の方法です。Pingの送信と言う考え方です。徐々に少なる傾向にありますが、記事を作成したり更新をしたりするとPingが自動的に配信される機能が有ります。多くのブログに最初から備わっている機能で「ブログを更新した」と司令塔に伝えるイメージです。

そのPing情報を基に検索エンジンのロボットが巡回をして新しい記事が有ればインデックスをするという方法です。ワードプレスなどには最初から機能が備わっていますし、一般的なホームページでもPingの発信が可能だとされています。この方法ではサイトの機能を再度確認する事が重要になります。

もっともこれらの方法を行わなくても、他のサイト運営者からリンクを頂くことができれば検索エンジンでの上位表示は可能です。例えば誕生日プレゼントの本音と建前を考えるさんはヤフーの知恵袋で紹介されていて、自然なリンクを頂くことに成功しています。